トランスメディア提供アイコン01 [2014日本弓道研修之旅] 京都老店 上羽繪惣(Ueba Esou) 胡粉指甲油

c0073742_01583521.jpg
這次旅行前排地點就很期待的敗家處 , 位在京都四条烏丸交叉口一帶的「上羽繪惣」(又稱白狐 , 因為它的商標是隻白色狐狸)
「上羽繪惣」原本是調製與販售日本畫顏料與畫具的老店, 創建於1751年, 至今已有兩百多年的歷史

店的歷史延續到現代, 除了原先調配豔麗顏料的業務外, 更善用優勢, 研發了胡粉指甲油
與一般指甲油的差別在於添加了「胡粉」, 就是貝殼磨碎而成的粉末, 傳統日本畫也是有運用胡粉來顯色與固定
胡粉指甲油不需要使用去光水, 能輕易的卸除, 且沒有化學的刺鼻味

色系則多以日本傳統色為主, 這點與毆美品牌相差很大, 帶有一點和色特有的優雅色感
主要為三個系列

擦以雲母粉, 帶有淡淡光澤的金雲母撫子 、雲母桃 
像是漾著一層水波的水茜 水藤 水桃
以及飽合度高 如同漆器般京紅 臙脂 鶯緑 紅梅白 紫苑 瑪瑙 藤紫白 水浅黄...等日式傳統色號

自己用過之後非常滿意!特別是京紅, 推薦給想要有女人味的女孩們, 那種色彩真的很難尋找
還特地請最近去京都的朋友又帶了五瓶回來XD

官網 上每瓶色號的敘述都很美, 推薦大家可以去看看, 下面是京紅的描述

京都ネイル 和色シリーズ 京紅(恋する女性に似合う赤色)>
平安時代の多くの女性が憧れた美しさを感じる色
紅という色は文人・歌人が美しさや恋しさなどの秘めた思いを表現する色として親しまれてきました。
紅色とは、その昔、呉(中国)から伝わった藍という意味の呉藍(くれのあい)が紅(くれない)となったそうです。
恋しさや秘めた想いなどの、はかない感情を「古今和歌集」で逆手にとった歌も使ったそうです。
「紅にそめし心もたのまれず 人をあくにはうつる てふなり」赤く染まった心だって、あてにはならないよ。人は飽きるものですからねぇという意味です。
恋しさや秘めた想いを感じているあなたにオススメします。


目前買五瓶為一組, 會贈送「上羽繪惣」的指甲卸除液及洗臉的胡粉石鹸(肥皂), 推薦有去京都可以逛逛上羽繪惣(Ueba Esou)!

店鋪資訊:「上羽繪惣 」本社
〒600-8401京都市下京区東洞院通 松原上ル燈籠町東側

‧TEL:(075)351-0693
‧OPEN TIME:9:00~17:00
‧CLOSE DATE:星期六、日及國定假日
‧交通方式:地下鐵烏丸線「四条」車站或阪急「烏丸」車站徒步7分


by abeyasuaki | 2014-05-17 00:58 | 旅行日記

<< [遙かなる時空の中で3] 平家宴 [2014日本弓道研修之旅] ... >>