トランスメディア提供アイコン01 少年與海、 遙遠的往昔過去

c0073742_1463713.jpg
c0073742_147899.jpg

■SEED CluB mobile 下村日記 採種挿話最終回について
出處:http://char.2log.net/

先日新宿のホームグランドであるバーに飲みに行ったらSEEDファンのお客さんが大勢こられた。
たまたまバーデンダーが録画してたデスティニーを見ていたので
一緒に見ながら(天空のキラからアカツキ登場あたりまで)
何気なくみなさんの会話に聞き耳を立てさせてもらった。
ごめんね、でも、フリーダム登場やウズミの遺言シーンなど良い感想が聞けました。
採種挿話の最終回のネタを模索している最中だったので何かの足しになればと思ったのだ。
嬉しいよね、終わってからも愛してもらえる番組って。
何人かはコスプレイベントだったらしく、
そのプリクラを回していたりしたので一寸見せてもらったりもした。
シン・ステラとアスラン・カガリ。
こちらの思ってるよりもアスランとカガリは人気がある。アスカガかぁ。

原則本誌のネタは発売までは明かさないのだが、最後ということで予告します。
ニュータイプ2/10発売の採種挿話はアスランとカガリです。
まだテキストは書いてないけど小笠原さんのイラストはきっといつも以上に素敵でしょう。
乞うご期待。

次のページ

さて、そのカガリに転機が訪れるのが14話。誘拐されます。
花嫁衣装で。卒業である。
当時身内で言っていたのはあそこでさらいに来るのは当然彼氏でなくてはいけないのに、
来たのは弟。
そこにアスランの悲劇性というか喜劇性がある。

でも強奪されたり強奪したり、牛追い掛け回したり、
洗濯したりというシチュエーションはあったが
嫁さらいは初めてだろうし、
今後も(ある意味で)コレを越えるガンダムの使い回しはないだろうなぁ。

がんばれ、次代のガンダムクリエーター。
でもこういうのって富野監督や福田監督が思いついちゃうんだよなぁ。
後、20年は2人にもがんばってもらいましょう。

・ユウナの話
・オーブの公用語は日本語と判明
・手紙は数少ない女性陣でオーディションをやったが、結局進藤さんが書くことになった
・下村はラブレターかなんかで相手にバラ50本を送って引かれた(しかも職場かどっかで再会)

by abeyasuaki | 2006-01-25 00:00 | SEED日記

<< 平淡的幸福與生命的欠片 樂譜的記號 >>